まだ悩んでるの?二次会の会費相場を知って悩まず会費設定するコツ!

バナー2

挙式・披露宴はプランナーさんにお任せしてある程度進行していきますが、誰かが動かなくては何も進まないというのが「二次会」。

そんな二次会で最初に悩むのが会費のことではないでしょうか。

お店や演出、景品などを考えるにあたって、重要となる二次会の会費。

今回はそんな二次会の会費の相場を知って悩まずに会費設定をするコツをご紹介します。

二次会の会費相場はいくら?

afterparty1

地域や二次会の内容によっても相場は前後します。

都心部では金額が高めになる傾向があり、料理の品数や内容によっても相場は変わってくるため、以下はあくまで目安になります。

・立食、ブッフェスタイル・・・5,000円前後(食事の品数にもよる)
・半立食、または着席スタイル・・・8,000~10,000円前後
・着席、コース料理スタイル・・・10,000円~15,000円前後

上記のように二次会と言っても様々なスタイルがあります。

カジュアルなスタイルで立食にする場合や、同じ立食でも椅子をいくつか用意した半立食の場合、ケーキ入刀など形式的なイベントを取り入れる場合、プチ披露宴のようして着席形式で料理をコースにする場合など、様々なスタイルがありますが、おおよその相場として上記金額はしっかり抑えておきましょう。

悩まずに会費設定するコツ!

afterparty3

下記の2点を明確にしておくと、会場選びがスムーズになり、悩まずに会費設定が出来ます。

■二次会で何をしたいか?
■どんな雰囲気の二次会にしたいか?

ケーキ入刀やシャンパンタワー、ビンゴゲームなど、二次会で何をしたいかを明確にすることで、食事代以外に用意すべき物・費用の目安が見えてきます。

また、みんなでワイワイと飲んで盛り上がったり、披露宴に出席できなかった友人のためにきちんとお披露目をしたいなど、どんな雰囲気の二次会にしたいかをなんとなくで構わないのでイメージしておくといいでしょう。

何をするのか、どんな雰囲気の二次会にしたいかを考えておくと、会場が絞られてきますので会費設定がしやすくなります。

悩まずに価格設定するコツはその考える順番にあります。

1.どんな二次会にしたいのかを考えて
2.それが実現出来るお店を探す。

多くの方が先にお店を探して(決めて)からどんな二次会にしたいのかを考えてしまう為、会費に無理が出てしまうのです。

演出も特に無い二次会なのに音響設備やプロジェクターなどの機材が一式揃っている流行りのお店を幹事が選んでしまった為、会費だけが異様に高い二次会。

そんな二次会に出席された経験ありませんか?

ゲストがそうならないように、考える順番を必ず守ってお店を探しましょう!

会場が決まったらプラス2000円

afterparty2

会場が決まったら、「お店のパーティプランの一人あたりの金額にプラス2,000~2,500円」で会費の設定をしましょう。

プラス3,000円にすると、高いと思われることが多いようです。

私はホテルの担当さんに上記のアドバイスを頂いて会費設定をしたので、数人の当日のキャンセルはありましたが、手出しはありませんでした。

少し多めの金額に感じるかも知れませんが、プラス2,000〜2500円にしておくと景品の準備や当日のキャンセル対応などの費用が計算がしやすくなります。

自分が参加した二次会の費用も参考に。

ここ1~2年で参加した二次会の会費の平均を目安にするのも有効です。

友人の二次会の会費がいくらで、だいたい何人くらいのゲストが出席していたか?など参考にするとよいでしょう。

会費は男女同じにするべき?

afterparty4

これは二次会に出席予定のゲスト状況によって決めましょう。

例えば、男性陣は職業柄よく食べ飲む人が多く、女性陣は小食が多い場合などは差をつけた方が女性陣からの不満の声が出なくなるでしょうし、逆に女性陣が男性顔負けの酒豪ばかりなんて場合は、あえて差をつけず全員一律にするなど、事前にゲストの出席状況を見て決めるといいでしょう。

また、披露宴から出席しているゲストにとっては「ご祝儀+二次会会費」を頂くことになるので、披露宴からのゲストの負担を減らすために、披露宴に出席したゲストの会費を低めにすると出席しやすくなります。

その場合、その負担は誰がするの?

ブッフェスタイルの場合に限りますが、披露宴からの出席者は料理のカウントに入れず、飲み放題だけのプランとして人数に入れると一人あたりの金額が低くなるので、会場に相談してみてください。

まとめ

二次会の会費っていくらにすべきか悩みますよね。

できれば会費を先に決めて、会費ありきで幹事さんの費用や景品の予算を立てられたらと思いますが、そんな簡単なことではありません。

二次会で何をやるか?ゲストはどんな人たちが集まるのか?何人規模の二次会にするか?景品や幹事の費用はどうするか?など、ある程度二次会の青写真ができた上で会場選びを始め、会場が出しているプランが一人当たりいくらで、無料で貸し出してくれる物などを確認してから会費を設定するのがベストですね!

しっかり二次会会費を決めて、ゲストには何の心配もなく楽しんでもらいたいですね。
 
 
関連記事 結婚式の料理の相場っていくらなの?価格の違いは何?
関連記事 色打掛のレンタル相場!衣装代のリアルな数字発表します。
 
 

ABOUTこの記事をかいた人

インタビュー&撮影して制作する、結婚式のプロフィールブック「はっぴ本」のプロデュースをしています。プロ野球選手、モデル、アナウンサーなどの業界のプロの方々にご指名頂き、先日実績が1000組を超えました。テレビ取材、ラジオ出演依頼があると嬉しくなる出たがり人です。大阪出身福岡在住です。最近、タイ人に間違われることが多く「日本語お上手ですね」と日本人から言われることも…。