注意!?結婚式の映像に関するゲストの3つの証言

バナー2

昨日プロフィールムービーの話をしました。
結婚式の映像と言えば、他には

  • オープニングムービー
  • エンドロール
  • 友人余興ムービー
  • 新婦からの手紙ムービー

代表的なものでこの位でしょうか。

これらの映像は音楽と写真で構成され、
目と耳と心で感じることの出来る素敵な演出として、
結婚式に無くてはならないものになりました。

しかし、

映像を流せば良い。

当たり前にそういう訳にもいかず、
気を付けておかないと、
あとで望まない声を聞くことになります。

私が聞いた、

結婚式の映像に関するゲストの3つの証言

お届けします。

証言1

結婚式に呼ばれた新婦様のご友人。

入場のオープニングムービーにワクワクして、
プロフィールムービーに感動して、
余興のビデオに笑って、、、余興のビデオに、、、、
キャンドルサービスにレタームービーに、エンドロール、、

ずっと暗かったです。
料理も見えないし、おいしく感じなかった。
親戚の人達は大丈夫だったんでしょうか?

【 ひとこと 】

合計5つの映像、
キャンドルサービスは映像ではないですが、
暗くなっていた時間を計算するとおよそ40分以上。
おふたりと写真を撮ったりする時間も大切な時間。
素敵な映像もやりすぎてしまうといけませんね。

証言2

こちらのゲスト、
エンドロールで自分の名前が間違っていて、
そのことを報告程度に新婦様に話したら、

「そんなことで目くじら立てないでよ!
ごめんごめん!」

そう言われたそうです。

そもそも怒ってもいないし、
そんなことかどうかは私が決める事!
失礼にも程がある!

【ひとこと】

新婦様の言葉は本心なのかどうかは分かりません。
ただ、そもそも名前さえ間違わなければ
こんなことにはならなかったのではないでしょうか。

証言3

コチラも新婦様のご友人。
高校の仲良しグループ4人で出席。

プロフィールムービーの生い立ちを見ながら、
「変わってないね?」なんて話していたご友人。

誕生から小学校、中学校時代と写真が続き、
「次は私達だ」なんて思って次の写真を見たら、

「えっ?私がいない!」

他の友だちももちろん気付いて気まずい状態。

偶然なのか何なのか分からないけど、
私だけいない写真を選ぶ理由が分からない。
分かっていたとしたら事前に言って欲しいし、
分かっていなかったとしたら私って何なの?

【 ひとこと 】

これはお気持ち本当に分かります。
私も似たような経験がありますので。
映像に出たいということではなく、
「心配り」が足りないことがこの結果を導いてしまいます。

まとめ

証言頂いた
全てにおいて映像が悪い訳ではないことが分かります。

「映像がたくさん流れたら退屈しないだろうか・・・?」
「映像続きだとみんなゆっくり出来ないだろうか・・・?」
「名前は大丈夫だろうか?席次表も間違ってないだろうか?」
「◎◎ちゃんの写真が無いけどどうしようか?」

大切なゲストとの時間、
お互いが悲しい結果にならないように
確認・心配りを忘れないようにしましょう。

ムービーで出来ない心配りははっぴ本

ABOUTこの記事をかいた人

インタビュー&撮影して制作する、結婚式のプロフィールブック「はっぴ本」のプロデュースをしています。プロ野球選手、モデル、アナウンサーなどの業界のプロの方々にご指名頂き、先日実績が1000組を超えました。テレビ取材、ラジオ出演依頼があると嬉しくなる出たがり人です。大阪出身福岡在住です。最近、タイ人に間違われることが多く「日本語お上手ですね」と日本人から言われることも…。