6月の結婚式は雨?知らないと絶対損する!過去5年間の降水量

バナー2

6月の結婚式と聞いて、「ジューンブライド」を連想する方も少なくはないと思います。
6月に結婚式を挙げれば幸せになれる、そんな話も聞いたことがあるのではないでしょうか?

でも、6月の日本は梅雨の時期。

「雨が降るんじゃないか」、と6月に式を挙げるのをためらう方もいると思います。
しかし、本当に6月は雨が多いのでしょうか?
そこで、実際に6月に雨が降った日を調べてみました。

想像通り多いのでしょうか?それとも少ないのでしょうか?
気になりますね。

6月の結婚式は雨になることが多い?調査結果

雨の日

1月・・・4日
2月・・・7.2日
3月・・・7.8日
4月・・・8.4日
5月・・・9.6日
6月・・・12.4日
7月・・・10.8日
8月・・・8日
9月・・・11.6日
10月・・・9.2日
11月・・・7.8日
12月・・・6.8日

結果は、過去5年間で、雨が降った日は、予想通り6月が一番多く、12.4日でした。
ですが、日数は思ったより少ない気がしませんか?

それに、結婚式の季節で大人気の秋も、10月は9.2日、11月は7.8日、雨が降っています。
そして、びっくりしたのが、

9月も雨がよく降る

9月は11.6日と6月との差はあってないようなものです。

6月に雨が多いのは事実ですが、梅雨だからといって、毎日雨が降るわけではありません。

気候が良いとされる秋と比べても、大きな差はないことが調査でわかりました。

6月はジューンブライドとは言え、雨のイメージから式を挙げるのを避ける傾向があります。

ですので、梅雨の6月ならではのお得なプランを用意している式場も多いです。
逆にねらい目かもしれませんね。

6月の花嫁は幸せになれる?そもそも、ジューンブライドとは?

june-wedding2

ということで、ジューンブライドについても調べてみました。

昔から、6月の花嫁は幸せになれると言われていますが、なぜだかご存知ですか?

諸説ありますが、Wikipediaによると、ローマ神話のユピテル(ジュピター)の妻ユノ(ジュノー)から取られたそうです。

ユノが結婚生活の守護神であることから、6月に結婚式を挙げる花嫁を「ジューン・ブライド」(June bride、6月の花嫁)と呼び、ヨーロッパでは、この月に結婚をすると幸せになれると言われています。

ですが、日本で6月は梅雨の時期。

もともと6月に結婚式を挙げるカップルは少なかったといわれています。
そこでブライダル業界が「ジューンブライド」を流行らせたという説もあります。
バレンタインデーみたいなものかも知れませんね。

しかし、どのようなきっかけで広まったとしても、6月が結婚をつかさどる女神の月であることに変わりはありません。
ジューンブライド、やっぱり憧れてしまいますね。

まとめ

過去のデータ調査から、雨が降った日は、やはり6月が一番多かったです。
ですが、結婚式に人気の秋も、雨は少なくありません。
その差はわずかです。
6月に式を挙げることになった方は、梅雨だからといって、雨の心配をする必要はありません。

6月は、結婚をつかさどる女神の月です。
ジューンブライドの言い伝えにあやかって、6月に式を挙げるのも素敵ですよ。
 
 

ABOUTこの記事をかいた人

インタビュー&撮影して制作する、結婚式のプロフィールブック「はっぴ本」のプロデュースをしています。プロ野球選手、モデル、アナウンサーなどの業界のプロの方々にご指名頂き、先日実績が1000組を超えました。テレビ取材、ラジオ出演依頼があると嬉しくなる出たがり人です。大阪出身福岡在住です。最近、タイ人に間違われることが多く「日本語お上手ですね」と日本人から言われることも…。