結婚式の始まりはBGMで決まる!入場シーン別オススメBGM!

バナー2

大事な結婚式のBGM決め。

たくさん決めなければいけない結婚式のBGMですが、中でも入場シーンは大切です。

挙式の入場、披露宴の入場、お色直しの入場と、入場シーンは平均3度あります。

結婚式のテーマによって、選ぶBGMも変わってきます。

定番になりつつある“人前式”は、伝統や決まり事がなく、自由に決められるのでその分悩まれる方も多いでしょう。

そこで、今回は入場シーン別のオススメのBGMをご紹介いたします。

シーン別!結婚式の入場のオススメBGM

チャペル挙式の場合

結婚式会場によっては、入場BGMが予め決められている場合があります。

オプションで生演奏にしたり、曲変更ができる場合がありますので、必ず確認しましょう。

チャペル挙式は特にバージンロードの意味合いが強調されるので、「なじみのある厳かなクラシック音楽」がオススメです。

オススメのBGMはこの3曲です。

チャペル挙式のオススメBGM No.1 “パッヘルベルのカノン”


https://www.youtube.com/watch?v=LasPMn8fCFE

誰もが一度は耳にしたことのある有名な曲です。

テンポや演奏する楽器により雰囲気も大分変わります。

教会のオルガンやバイオリンで演奏すると、厳かな雰囲気の中バージンロードを進むことができます。

チャペル挙式のオススメBGM No.2 “You raise me up”


https://www.youtube.com/watch?v=S0mOXC8pJfM

こちらも有名な曲ですので、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

意外にも2002年のリリースで、宗教曲ではないのですが、詞の内容が聖書に依拠していることから、チャペル挙式の結婚式入場のBGMとして使用されることが多くなりました。

直訳すると「君は励ましてくれる」二人のスタートにぴったりの一曲ですね。

チャペル挙式のオススメBGM No.3 “Amazing Grace”


https://www.youtube.com/watch?v=rs7MlrxOOWg

こちらは有名な賛美歌ですね。

クワイヤーと呼ばれる聖歌隊の方が生歌で歌ってくださる教会式が多い様です。

キーやテンポによって曲の雰囲気も変わりますので、リクエストがあれば、プランナーに相談してみましょう。

人前式の場合

人前式は最近日本でも流行っている挙式スタイルです。

参列者が二人の結婚の証人となるもので、人気の理由は何と言っても形式にとらわれない“自由さ”にあります。ガーデン挙式やレストラン挙式でも取り入れられています。

J-POPやジャズなど、二人の好きな曲など、「挙式テーマに合わせて選曲」することでおふたりらしい結婚式になります。

最近多く使用されているBGMはこちらです。

人前式のオススメBGM No.1 “She”


https://www.youtube.com/watch?v=O040xuq2FR0

英国俳優ヒュー・グラントと米国女優ジュリア・ロバーツのラブストーリー映画「ノッティングヒルの恋人」のメインテーマとして流れている曲です。

これをサックスで演奏する入場曲がこれまた素敵!なのです。

サックスは音が通りやすいので、屋外などのガーデン挙式でもオススメです。

歌詞には男性が女性を想う気持ちが表れていますので、新郎そしてお父様の気持ちを代弁してくれる一曲です。

人前式のオススメBGM No.2 “Moon river”


https://www.youtube.com/watch?v=Q7SI7N22k_A

作曲家ヘンリー・マンシーニによって作られた名曲です。

「ティファニーで朝食を」の映画の中では大女優オードリー・ヘップバーンが実際に歌っています。

ジャズアレンジやアコースティックギター、またはバイオリンやチェロなどのクラシックでも演奏できますので、幅広いBGMとして使うことができます。

披露宴の入場の場合

挙式で愛を誓い、これから盛大にお祝いです!披露宴入場のBGMは是非明るい元気なBGMをオススメします。邦楽でも洋楽でもいいでしょう。二人の笑顔をゲストは心待ちにしていますので、二人がハッピーな気持ちになるBGMにしましょう。ゲストの中にはご家族や年配の方もいらっしゃいますので、わりと聞いたことのある曲をBGMにするのもオススメです。
最近多く使用されていて、定番となりつつあるBGMはこちらです。

披露宴入場のオススメBGM No.1 “What Makes You Beautiful” One Direction


https://www.youtube.com/watch?v=QJO3ROT-A4E

CMでも使用されていたので、聞いたこともある人も多く、ゲストも楽しめる一曲です。

笑顔で入場するのに最高のBGMですね!

披露宴入場のオススメBGM No.2 “Marry You” Bruno Mars


https://www.youtube.com/watch?v=curhWs6dSeA

こちらも近年披露宴の入場BGMで使用されることが多くなりました。

海外ではフラッシュモブといって、サプライズでダンスをしながら入場するスタイルが流行っていて、そのBGMとして使用されていたのが人気の発端となりました。

こちらも笑顔の入場シーンにピッタリです!

プロポーズの曲でも使われるので、新郎が新婦にひざまずく演出をしても盛り上がりますね!

披露宴入場のオススメBGM No.3 “A Lover’s Concert” Sarah Vaughan


https://www.youtube.com/watch?v=KahAPQ9sl6g

クラシック音楽バッハのメヌエットが原曲となっている曲です。

前奏もありますので、扉の前でスタンバイをし、絶妙のタイミングで入場することができます。

春や夏など爽やかな季節にオススメのBGMです。

お色直しの入場の場合

気分一転!お色直しの入場はゲストが楽しみにしている瞬間です。

和装かドレスか、それぞれテーマがあると思いますので、新郎と相談して決めましょう。

披露宴の入場とがらりとイメージを変えることも、ゲストのワクワクにつながります。
 

お色直しのオススメBGM No.1 “瀬戸の花嫁” 小柳ルミ子


https://www.youtube.com/watch?v=vZf40gqcT70

和装入場の際にオススメの演歌BGMです。

祖父母の方や年配のゲストの方にも喜んでいただけますし、他のゲストの方からは斬新!という声が聞こえてきます。

歌詞が親元を離れる花嫁の心情を綴ったものですので、結婚式にもバッチリです。

お色直しのオススメBGM No.2 “Part of Your World” Q;indivi


https://www.youtube.com/watch?v=-PYoK3slpfQ

結婚式BGMの定番となりつつQ;indiviの曲から、映画「リトル・マーメイド」の挿入歌としても知られている一曲です。

新しい世界に踏み出す二人の入場BGMとして使用される方も多いです。

まとめ

結婚式のBGM決め、特に入場シーンを決めることは大変かもしれません。

BGMだけ、ドレスだけ、会場だけと部分的に決めようとすると、必ず迷いが出てくるので結婚式を通して一つのテーマを決めることをオススメします。

明るく楽しい結婚式にしたい、感動的な結婚式にしたい、ゲストの意表をついたサプライズの散りばめられた結婚式にしたい。

テーマが決まるだけで、その他の決めごとも楽に楽しみながら決めることができます。

二人の結婚式、意見が食い違うことも出てくるでしょう。でもそれは当たり前のことです。焦らず、楽しんで、最高の一日の準備をしていきましょう。
 
 
関連記事 結婚式のエンディングムービーの曲!外さない選び方と邦楽28曲
関連記事 結婚式のバージンロードの歩き方。魅せる3つのポイント!
 
 

ABOUTこの記事をかいた人

インタビュー&撮影して制作する、結婚式のプロフィールブック「はっぴ本」のプロデュースをしています。プロ野球選手、モデル、アナウンサーなどの業界のプロの方々にご指名頂き、先日実績が1000組を超えました。テレビ取材、ラジオ出演依頼があると嬉しくなる出たがり人です。大阪出身福岡在住です。最近、タイ人に間違われることが多く「日本語お上手ですね」と日本人から言われることも…。