STAFF DIARY by はっぴ本

結婚式の日取り選びで知っておきたい六輝のこと

六輝写真

新年あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします

こんにちは、関東担当の森田です。
皆さんは結婚式の吉日はご存知ですか?
今回は結婚式の日程を決める際に耳にする事が多い、六輝(六曜)について書いていきます。
気にされる方、されない方いらっしゃると思いますが、もちろんどちらが良い等はありませんので、おふたりと大切な方々とで決めて下さいね。

六輝ってなに?

六輝とは江戸時代の末期頃から出て来た吉凶の占いです。
よく「本日はお日柄もよく」なんて言葉を実際に、あるいはテレビ等で聞いた事はございませんか?
この「お日柄」というのは主に当日の六輝の吉日を示しています。
他には主に、大切な取引や、冠婚葬祭の時に気にされる事が多いです。
六輝には大安、友引、先勝、先負、赤口、仏滅の6種があります。

結婚式の吉日は?

仏滅は避けた方が良い、大安に結婚すると良いなんて聞いた事ありませんか?
実はそれ以外にも縁起のいい日、悪い日等はちゃんとあるんです。
では結婚式に向いているのは何なのか、解説していきたいと思います。

大安(たいあん)

この大安は六輝の中で最良の日とされています。
1日全ての事に対して吉の為、結納や結婚式にも向いています。
皆さん大安の日に合わせる事が多く人気です

友引(ともびき)

午前、夕方、夜は吉で、お昼のみ凶です。
大安の次に良い日とされていて、「幸せのお裾分け」という意味があります。
そのためゲストの方も幸せになれるように、験をかついでこの日を狙う方もいるくらいです。

先勝(さきがち/せんしょう)

午前のみ吉とされています。
午後は凶とされていますが結婚式等は午前中に始めれば、午後まで掛かってしまっても大丈夫です。
少し早めに初めてちょうどお昼時にお料理を楽しんで頂くのもいいですね。

先負(さきまけ/せんぶ)

先勝とは逆に午後が吉とされています。
急用や争いをさけて静かに待つのが良い日とされています。
遠方の方が多い場合は先負の日を狙って、午後からゆっくり始めるのもいいですね。

赤口(しゃっこう)

正午のみ吉他の時間は全て凶とされています。
火の元や怪我に注意の日
六輝を気にされる方にとって、吉の時間が短いため人気は低いです。

仏滅(ぶつめつ)

終日凶です。
六輝のなかでも一番悪いとされており、特に取引においては悪い日です。
「仏滅」と書きますが、実は仏教とは関係無く、過去には「物滅」と表記する事もありました。

六輝を気にしない場合のメリット

上記の解説を読んでいると、何となく気にした方が良いと思ってしまいそうですが、ここで六輝を気にしない場合のメリットをあげてみます。

  1. 仏滅には仏滅婚として割引をしてくれる式場さんがある。
  2. 会場が押さえやすい
  3. 大切なゲストが来やすい日程にする事が出来る
  4. 司会者やカメラマンの手配がしやすい

大まかにあげると上記の様なメリットがあります。
やはり六輝を気にされる方が多く良い日取りは人気のため競争率も高く、気に入った日が押さえられない事もあります。
その点では会場が押さえやすく、安くなる可能性もあるのは良いですね。

絶対に忘れないで欲しいこと

六輝を気にするのが必ずしも良い事ではありません。
一番大切にして頂きたいのは結婚するお二人が、どういった結婚式にしたいのかということです。
おふたりが出会った日、プロポーズした日、付き合った日、ゲストの方々が参加しやすい日など日にちを決める要素は様々あります。
仏滅に結婚をしても祝福してもらえないなんて事はありません。
その事を忘れずに周りの人の意見も聞きながら、ステキな結婚式にして下さい。

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加