当日だけじゃない。
作る過程も思い出になる。
絆が深まる。

それが「はっぴ本」です。

当日だけじゃない。
作る過程も思い出になる。絆が深まる。

それが「はっぴ本」です。

はっぴ本が選ばれる理由


はっぴ本のこだわり


おふたりの結婚式をより良いものにするために打ち合わせから撮影取材、デザインのその全てに妥協せずこだわり続けています。


はっぴ本誕生秘話


全国1,100組以上のカップルに支持頂いているはっぴ本ですが、その誕生には様々な苦難がありました。


充実のページ内容


はっぴ本は見た目も中身もこだわりにこだわっています。ただ面白いだけでなくお客様の声に耳を傾け、毎年バージョンアップしています。


こんなシーンで大活躍!


はっぴ本は結婚式はもちろん、結婚式後や二次会、色んなシーンで活躍します。


はっぴ本の7つの特長


彼が準備に積極参加?プロフィールムービー不要?はっぴ本の7つの特長について詳しく説明します。


定番アイテムとの比較


結婚式の定番アイテムと何が違うの?はっぴ本?プロフィールブックを作るとどうなるの?そんな疑問にお答えします。

ところで、
結婚式のこんな悩みありませんか?



せっかくの結婚式だから人と違うことがしたい。


せっかくだから捨てられずに残るものが作りたい。


来てくれるゲストの皆さんへ何かしてあげたい。


初めて会う方へ自分達のことをちゃんと伝えたい。


奇抜なことは嫌だけど特別なことをしたい。


とびっきり面白いことしてみんなを驚かせたい。


映像ばっかりで暗くなりがちな結婚式は嫌だ。


出席できないゲストにも感謝の気持ちを伝えたい。

もし!

あなたが1つでも当てはまるなら、
少しお時間をとってこのページを読み進めてください。

▼ ▼ ▼ ▼

 

プロフィールブックで悩みが解決する理由はコチラ

・プロフィールブックはデザインも内容も自由に出来るので友達とかぶることがありません。
・プロフィールブックは友達や家族のことも載せられるので、思い出の品としてずっと残してもらえます。
・プロフィールブックに感謝の気持ちを詰め込んで、ゲスト全員へおもてなしをすることが出来ます。
・プロフィールブックがあれば、お相手のことをゲストが知らないまま帰るようなことが起こりません。
・プロフィールブックは一見派手なイメージですが、ゲストのために作る特別なおもてなしです。
・プロフィールブックはおふたりが主役の雑誌!中身を読む前から受付で笑い声が響きます。
・プロフィールブックはゲストへ渡せる演出です。映像のように暗くする必要がありません。
・プロフィールブックは二次会やご欠席の方にお渡しするととても喜ばれます。是非ご活用下さい。

プロフィールブックがあると、おふたりとゲストの橋渡しになり、
披露宴当日だけじゃなく、披露宴後もみんながHAPPYになります!!

 
でも実際は、
「そもそも何をしたら良いのかが分からない。」
「アイデアを考える時間も余裕も無い。」

というのが本音だと思います。

そこで!

 

プロフィールブックの制作実績豊富な私達はっぴ本編集部が、


おふたりのプロフィールブックを1冊まるごとお手伝い致します。


私達は今までに有名タレント、プロ野球選手、TVアナウンサー、恋愛番組の出演者、雑誌モデル、プロスポーツ日本代表選手など、業界の最前線で活躍されている方々や、結婚式のことを知りつくしたプロである、現役のウェディングプランナーの皆様からも制作依頼を頂いています。

 

ゲストに「感謝の気持ち」を伝えたいと願う、
全国1,100組以上のカップルの制作実績があります。

はっぴ本って?

 

おふたりの気持ちを一冊の本でゲストに届けます。


おふたりのインタビュー取材とロケーション撮影で一冊まるごとオーダーメイドデザイン。
席次表やメニュー表も入った贅沢なプロフィールブック「はっぴ本」です。

制作事例

 

はっぴ本を一冊まるごとお見せします。


テンプレートではないはっぴ本のオーダーメイドデザインやおふたりのこだわりの内容を紹介します。
じっくりご覧ください。

テレビや雑誌、ラジオなどのメディアで「はっぴ本」をご紹介いただきました。

全国のお客様から頂いたはっぴ本編集部へのお喜びの声を紹介しています。

はっぴ本は全国対応です

北は青森から南は沖縄まで、撮影取材の実績があります。
国を超えてタイ・バンコクでのはっぴ本の制作実績(撮影取材有り)もあります。

はっぴ本撮影取材
出張無料エリア


  • 関東エリア/東京都全域 ほか近郊の一部
  • 関西エリア/大阪府全域 ほか近郊の一部
  • 九州エリア/福岡県全域 ほか近郊の一部

※上記以外は出張費用が発生します。
お気軽にお問い合わせください。

編集長からのメッセージ



「ゲストに感謝の気持ちが伝わる結婚式にしたい」あなたのそんな想いを形にしたくて、このはっぴ本を始めました。

笑顔にあふれた友だちとの思い出。照れくさくて言えない家族への感謝。そしてふたりだけの大事なストーリー。結婚式の演出は、お金をかけて派手なものにしようと思えばいくらでもできます。

でもゲストの心に本当に響くのは、派手な装飾でも凝った演出でもありません。ゲストの心に本当に響くもの、それは「真心」です。

はっぴ本はそのあなたの真心をカタチにしたものです。

結婚式はたった1日。その1日で消えてしまう装飾や演出より、ゲストの手元に残る真心を私たちは大切にしています。

はっぴ本を作り終え、あとは結婚式を待つばかりのおふたりが、「結婚式がくるのが待ちきれない。はっぴ本を見せたら、ゲストみんなが楽しんでくれるに違いないから」と語ってくれました。

はっぴ本を作ったカップルが笑顔になり、それを読んだゲストが笑顔になる。それを想像すると、私たちまで笑顔になります。あなたとゲストの方々の笑顔を作るお手伝いが出来ることを楽しみにしております。

株式会社いろはデザイン
はっぴ本編集部 編集長 橋本慎吾

はっぴ本の誕生秘話はコチラ